アトピー性皮膚炎・じんましん・かゆみ・動脈硬化・高血圧

皮膚科・循環器内科の医療サイト

ヘルペス

ヘルペスは、水ぼうそうの原因ウィルスと同じ、ヘルペスウィルスによって起きる症状です。

このウイルスは、体のどこにでも感染しますが、口唇ヘルペスが最も多く、次いで性器ヘルペスとなっています。

単純ヘルペスの症状

ヘルペスは、触るとピリピリとした痛みのある小さな水疱ができ、じくじくしたり、赤くただれるなどの症状が出ます。

1~2週間ほど経過すると、かさぶたになって治っていきますが、疲れやストレスなど、免疫力が低下した際に何度も繰り返す可能性がある疾患です。

ヘルペスの治療

単純ヘルペスは、ウィルスによって引き起こされる症状のため、なるべく早い段階でウィルスの増殖を防ぐことが大切です。

具体的には、抗ウィルス薬とよばれる薬(塗り薬、飲み薬)を使用します。細菌感染を併発することがあるので抗生物質の投与を行うこともあります。

再発を繰り返す方の予防治療

頻繁に再発を繰り返す方には、少量の抗ウイルス薬を毎日内服し続ける再発抑制療法や、再発の前ぶれが見られるときに、あらかじめ処方されている抗ウイルス薬を自己判断で内服するPatient Intiated therapyという方法などがあります。

早い段階の治療をはじめることで、短い期間で治ることが多い病気です。

また、接触により他人にも感染してしまう可能性もありますので、お早めにご相談ください。