アトピー性皮膚炎・じんましん・かゆみ・動脈硬化・高血圧

皮膚科・循環器内科の医療サイト

帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる症状で、体の左右どちらか片方に、神経に沿って帯のように水ぶくれができ、通常痛みを伴うのが特徴です。

原因は子どもの頃にかかった水ぼうそうのウィルス

多くの人が水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染するのは子どもの頃で、その際にはよく耳にする「水ぼうそう」が発症します。

水ぼうそう自体はその後1週間程度で治りますが、実はこの時、ウイルスはいなくなるわけではなく、体の神経の中に隠れているのです。

健康な状態であれば、そのままでも問題ありませんが、加齢やストレス・疲労・紫外線を浴びるなどで免疫力が低下すると、ウイルスの動きが活発化して帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹を発症するのは、一生の内に1~2回くらいと言われており、ヘルペスのように繰返し再発することはありません。

かかったことがない方は要注意

帯状疱疹の水ぶくれを水ぼうそうにかかったことがない人が触ると、帯状疱疹ではなく、水ぼうそうを発症することがあります。

子どもの頃に水ぼうそうにかかったことのない方は、周囲に帯状疱疹の患者さんがいる際には注意が必要です。

症状は長いと1ヶ月ほどかかることも

帯状疱疹の痛みは、全く感じない方もいれば、夜も眠れないくらいに激しい痛みを伴う場合もありタイプは様々です。

最初は、皮膚がひりひりしたような感じの痛みやかゆみなどが1週間ほど続き、やがて違和感を感じた場所に赤い発疹ができ軽度の発熱や頭痛などがでてきます。

発疹が現れてから1週間後には、水ぶくれなどが次々に出来てきて、発疹の範囲が広がっていきます。

その後は、2週間くらいで水ぶくれの箇所がかさぶたとなり、3週間位かけて治癒していきます。

発疹が治ったあとも痛みだけが長引く、帯状疱疹後神経痛という状態があります。

その際には鎮痛剤を長めに飲んで症状を抑える場合もあります。

発症後は無理をせず、十分な栄養・睡眠を取るようにしましょう

帯状疱疹が発症するのは、体の免疫力が低下している証拠です。無理をせず、十分な栄養・睡眠を取るようにしましょう。

また、患部を冷やすと痛みが強くなる傾向があるため、できるだけ温めて安静にするようにしましょう。

発症予防、重症化予防の効果のある帯状疱疹ワクチンもありますので、興味のある方は是非ご相談ください。